pagetop

本 物質から生命へ 自然発生説論争

ほしい!に追加 twitter
本-物質から生命へ 自然発生説論争
著者: ヘンリー・ハリス (著)
長野敬 (訳)
太田英彦 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青土社
発行年月 2003年 08月
ISBNコード 9784791760565
版型 --
ページ数 230,14P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ヘンリー・ハリス OFF
長野敬 OFF
太田英彦 OFF

内容紹介

「生命は物質からひとりでに生じてくる」という説は、アリストテレス以来、多くの科学者、哲学者、歴史家を魅了してきた。
生命科学の源流に位置する自然発生説が、パストゥールらによって葬り去られるまで、数々の実験と論争を詳細にたどり、科学における“実験”の意味に全く新しい光を投げかける、サイエンス・リーダーの白眉。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

信仰/ハエとそのほかの昆虫/微生物/フラスコ戦争の開始/唯物論、支持派と否定派/劣化した空気/体内の寄生虫/脱脂綿/細胞の自然発生/フランス科学学士院における論争/有害な微粒子/イングランドのプーシェ/浮遊する粒子の観察/もうひとつの問題に関するエピローグ

著者情報

ヘンリー・ハリス
科学史家。サー・ウィリアム・ダン病理学教室の前教授。オクスフォード大学名誉教授。細胞癒合の技術や、ヒト染色体中の遺伝子の位置・順序を決定する方法を開発し、ガン抑制遺伝子が存在する証拠を発見
太田 英彦
杏林大学保健学部教授
長野 敬
河合文化教育研究所主任研究員。自治医科大学名誉教授

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ