pagetop

本 克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある

ほしい!に追加 twitter
本-克服できる過食症・拒食症 こじれて長期化した過食症・拒食症でも治る道はある
著者: 福田俊一 (著)
増井昌美 (著)
定価 ¥2,052(税込)
BOOKFANポイント: 95 pt
or
Tポイント: 57 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 星和書店
発行年月 2005年 05月
ISBNコード 9784791105731
版型 --
ページ数 233P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

福田俊一 OFF
増井昌美 OFF

内容紹介

「あきらめたらあかん!過食症・拒食症にかかったことは、自分の本質に気づき、能力を伸ばすチャンス!」。
あくまで前向きに、本人の可能性や家族の力を信頼し、治療を進めていくセラピストたち。
「両親のみでも治療をスタートできる」という画期的な治療を行ない、重症化した数多くの患者を快方へと向かわせている。
新たな治療の可能性を示した、本人、家族、治療関係者必読の書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 あきらめたらあかん、こんな私でも治るんや!/第2章 過食症・拒食症と家族の関係/第3章 「それでも治らない!」過食衝動との闘い/第4章 立ち直りの工夫と良くなるきざし/第5章 過食症・拒食症から立ち直った淀屋橋の卒業生/第6章 これからの過食症・拒食症の治療

著者情報

増井 昌美
1968年関西学院大学文学部卒業。シティ・バンク、N.A.大阪入行。1971年エンサイクロペディア・ブリタニカ東京勤務。1978年精神医療の翻訳に従事。1984年淀屋橋心理療法センター勤務、家族療法を学ぶ。同センター家族問題研究室長、ファミリー・セラピスト
福田 俊一
1975年大阪大学医学部卒業。大阪大学精神神経科・大阪府立病院神経科で精神医療に取り組む。1981年フィラデルフィア・チャイルド・ガイダンス・クリニック(PCGC)にて家族療法を学ぶ。1983年淀屋橋心理療法センターを開設。1984‐1986年厚生省・神経性食思不振症調査研究班メンバー。2003年大阪大学医学部非常勤講師。淀屋橋心理療法センター所長。専攻は家族療法、精神医学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ