pagetop

本 市場経済移行論

ほしい!に追加 twitter
本-市場経済移行論
著者: 溝端佐登史 (編)
吉井昌彦 (編)
定価 ¥2,808(税込)
BOOKFANポイント: 26 pt
or
Tポイント: 26 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
世界思想社
シリーズ名
Sekaishiso seminar
発行年月
2002年 07月
ISBNコード
9784790709435
版型
--
ページ数
271P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

溝端佐登史 OFF
吉井昌彦 OFF

内容紹介

市場経済移行とはどのような変動なのか。
歴史的文脈の中で、移行の初期条件とその展開を考察するとともに、その行方を解明する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 市場経済移行の枠組みと構図(計画経済―社会主義経済システムとしての計画経済とその破綻/市場経済化の政策と初期条件/市場移行の社会的側面/移行経済と国際経済)/第2部 移行経済諸国の経験(ロシア―幻滅から再出発への一〇年/東欧―移行の終了、その特殊性と多様性/中国―中国型市場経済システムの模索)/第3部 市場経済化の行方(移行はいつ終わるのか?/EUの東方拡大/ポスト・ソビエト空間における社会・経済的転換―移行の出発点と終着点、ベクトル、モデル)/市場経済移行の評価と課題

著者情報

吉井 昌彦
1958年生まれ。神戸大学大学院経済学研究科教授
溝端 佐登史
1955年生まれ。京都大学経済研究所教授
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ