pagetop

本 自由と意味 戦後ドイツにおける社会秩序観の変容

ほしい!に追加 twitter
本-自由と意味 戦後ドイツにおける社会秩序観の変容
著者: 城達也 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 22 pt
or
Tポイント: 22 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
世界思想社
シリーズ名
Sekaishiso seminar
発行年月
2001年 03月
ISBNコード
9784790708704
版型
--
ページ数
298P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

城達也 OFF

内容紹介

ナチズム以後のドイツ思想の連続と非連続。
近代化とナチズムを戦後の社会理論はいかに乗り越えたか。
ルーマンやハーバーマスと戦後保守主義を解読。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 本書の分析視角―戦後ドイツの社会理論への知識社会学的アプローチ/第1章 自己意識の陶冶と普遍的世界―近代の古典的知識人の社会秩序観/第2章 社会的危機観と文化的固有性の形成―産業化時代における知識人の言説空間/第3章 公共空間のなかの理念と現実―戦後ドイツにおける知識人の変容/第4章 産業社会における「制度」―アーノルド・ゲーレンにみるドイツ教養階層の社会秩序観の変容/第5章 産業社会における自由と意味―H.シェルスキーにみる高度成長期の知識人の社会秩序観/第6章 知識の新たな「総合」の模索―H.シェルスキーにみる戦後ドイツ知識人の科学的知識と秩序の捉え方/第7章 批判の脱特権化―ハーバーマスに見る社会理論の現代的転回/第8章 対話的実践を目指して―ハーバーマスにおける社会秩序形成のプロジェクト/第9章 コミュニケーションの無根拠性―N.ルーマンの社会理論における社会秩序

著者情報

城 達也
1962年兵庫県生まれ。1993年京都大学大学院文学研究科社会学専攻博士後期課程学修退学。日本学術振興会特別研究員、熊本大学教養部講師、ドイツ・ビーレフェルト大学社会学部客員研究員などをへて、現在熊本大学文学部助教授(社会学)。専攻ドイツ社会学史・思想史、知識社会学、政治文化論。訳書にJ・ハーバーマス著、『新たなる不透明性』(共訳)、松籟社、1995年。G・L・モッセ著、『フェルキッシュ革命』(共訳)、柏書房、1998年。I・マウス著、『産業資本主義における法理論と政治理論』(共訳)、法政大学出版局、2001年
うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ