pagetop

本 高周波回路設計のためのSパラメータ詳解 測定の基礎/回路網解析のための理論式/シミュレータの活用

ほしい!に追加 twitter
本-高周波回路設計のためのSパラメータ詳解 測定の基礎/回路網解析のための理論式/シミュレータの活用
著者: 市川古都美 (著)
市川裕一 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 CQ出版
シリーズ名 RFデザイン・シリーズ
発行年月 2008年 01月
ISBNコード 9784789830256
版型 --
ページ数 195P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

市川古都美 OFF
市川裕一 OFF

内容紹介

高周波回路設計や高周波回路の測定において、Sパラメータは密接な関係にあり、とても重要です。
しかし、その考え方は難解で、容易には理解しにくい未知の領域として扱われることも少なくありません。
本書はそのSパラメータをわかりやすく明快に解説しました。
ぜひ本書でSパラメータの世界へ足を踏み入れてみませんか?「基礎編」がクリアできたら、次のステージ「応用編」が待っています。
ふだん、なに気なく使っているSパラメータの、その奥にあるものが見えてくることでしょう。
「シミュレーションによる確認」と「APPENDIX」を有効に使うことにより、さらに効率良くSパラメータをマスタできるでしょう。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 基礎編(2ポート回路の表現/高周波になるとSパラメータが使われる/1ポート回路のSパラメータ/2ポート以上のSパラメータ/測定器の表示とSパラメータの関係/SパラメータとABCDパラメータとの関係/Tパラメータ(transfer parameter)/スミス・チャート(Smith chart))/第2部 応用編(シグナル・フロー・グラフ(signal flow graph)/1ポート回路の特性を調べよう/2ポート回路の特性を調べよう/2ポート回路の安定性/アンプの利得を調べよう/Sパラメータの測定/差動回路(differential circuits))/第3部 実践編(シミュレーションで確認してみよう)/APPENDIX

著者情報

市川 古都美
1977年神奈川県生まれ。1995年神奈川県立相原高等学校商業科卒業。1995年綜合警備保障(株)入社。2000年独立開業広帯域アンテナの開発設計。2005年放送大学教養学部卒業。現在、キャットテイル代表
市川 裕一
1963年群馬県生まれ。1985年群馬大学工学部電子工学科卒業。1985年日本光電工業(株)入社。1985年日本電気電波機器エンジニアリング(株)入社、マイクロ波回路の開発設計。1988年(株)横尾製作所入社、衛星通信用LNBの開発設計。1992年太陽誘電(株)入社、微弱無線モジュールの設計。1999年アイラボラトリーを開業。高周波/マイクロ波回路開発・設計・試作、コンサルティング。現在、アイラボラトリー代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


伝道の法 人生の「真実」に目覚める時

大川隆法(著)


天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


ランキング一覧へ