pagetop

本 往復書簡・学校を語りなおす 「学び、遊び、逸れていく」ために

ほしい!に追加 twitter
本-往復書簡・学校を語りなおす 「学び、遊び、逸れていく」ために
著者: 伊藤哲司 (著)
山崎一希 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新曜社
シリーズ名 往復書簡
発行年月 2009年 09月
ISBNコード 9784788511774
版型 --
ページ数 243P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤哲司 OFF
山崎一希 OFF

内容紹介

「学校」って何なのだろう?―少し視点をズラしてみれば、「学校」はもっとおもしろくなる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

0 いかに「学び、遊び、逸れていく」か―実践のためのアイディアを探る(「学校」というどうしようもなく存在する枠組みの中で、いかに「学び、遊び、逸れていく」か/学校にいる子どもたちが、いかに学校を語りなおすことができるか、そこに鍵があるように感じます)/1 まずは「学校を疑ってみる」―学校観の脱構築をめざして(私たちは「社会的現実」の中で生きており、その中にどっぷりはまって、それがあることにすら気づかない/小学校五年生に「オレらって学力低下なんでしょ?」と言われたことがあります ほか)/2 学校において「つながる」ということ―もし学校に「カフェ」があったら(「学校」=勉強するところ、という固定的なイメージは、むしろ子どもたちのほうが強く抱いてしまっているのです/「自由」の獲得には長い時間と努力を要しますが、それを壊して「管理」を進めるのは、案外一瞬でできるのかもしれません ほか)/3 子どもと大人の「心と身体」を語りなおす―「心のノート」をめぐる問題(「心を育む」という課題について子どもだけを対象に考えること自体、そもそもナンセンスなのです/子どもたちが「いいこと書いてるなぁ」なんて感心したくなるようなときがあったら、そんなときこそ要注意なのかも ほか)/4 フィクションとしての「学校」―学校にとらわれず、学校という場でどう生きるか(「いじめ」のような問題も、文化交流・他者理解という視点で実践的に捉えていくことも必要でしょう/「異なる他者と出会うことで、自分を知ることができる」という話、最近学生たちによくしています ほか)

著者情報

伊藤 哲司
1964年生まれ。愛知県名古屋市出身。1983年、名古屋大学文学部に入学。心理学に出会い、そのまま名古屋大学大学院に進学。1993年、茨城大学人文学部の社会心理学担当の講師として赴任。1996年に同助教授。2006年に同教授へ
山崎 一希
1983年生まれ。茨城県大宮町(現・常陸大宮市)出身。高校3年生のときに地元の水戸芸術館現代美術センターの教育普及プログラム「高校生ウィーク」に参加し、活動のフィールドを「学校」から「まち」へと広げ、さまざまなボランティア活動にも参加。2002年慶應義塾大学環境情報学部に入学。メディア論、社会学を専門的に学ぶとともに、教職課程の講義を通して教育学の魅力に惹かれる。2006年から茨城放送勤務。現在は番組ディレクターとして活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ