pagetop

本 戦後保育政策のあゆみと保育のゆくえ

ほしい!に追加 twitter
本-戦後保育政策のあゆみと保育のゆくえ
著者: 中村強士 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新読書社
発行年月 2009年 10月
ISBNコード 9784788011205
版型 --
ページ数 230P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中村強士 OFF

内容紹介

戦後復興時に新しく生まれ変わった保育所は、未来を展望した国民の切なる願いの結晶であった。
しかし、その後の保育政策は乳幼児の子育てを家族の責任に追いやり、入所できる子どもたちを限定してきた。
1990年代以降、少子化を迎え女性の社会参加に応えようとしている日本は、保育所を国民生活にとって欠かすことのできない施設に位置づけた。
1994年に子どもの権利条約を批准した日本。
保護者の働く権利だけでなく、子どもの権利を保障する保育政策はどうあるべきか。
その方向性をさぐる。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 本書のねらいと視点/第1章 保育制度の成立と修正―戦後改革期:戦後~1950年代中頃/第2章 保育政策の「充実」と家庭保育原則―高度経済成長期:1950年代中頃~1970年代中頃/第3章 保育政策の「修正」と行政改革―低成長期:1970年代中頃~1980年代/第4章 保育政策の「転換」と保育改革―構造改革期:1990年代以降/終章 子どもの権利を保障する保育政策に向けて

著者情報

中村 強士
1973年生まれ。2008年佛教大学大学院社会学研究科社会学・社会福祉学専攻博士後期課程修了。社会学博士。社会福祉士。現在、学校法人セムイ学園東海医療福祉専門学校専任講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ