pagetop

本 裁判員と死刑制度 日本の刑事司法を考える

ほしい!に追加 twitter
本-裁判員と死刑制度 日本の刑事司法を考える
著者: 伊藤和子 (著)
寺中誠 (著)
石川裕一郎 (編)
定価 ¥1,296(税込)
BOOKFANポイント: 60 pt
or
Tポイント: 36 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新泉社
シリーズ名
シリーズ時代を考える
発行年月
2010年 03月
ISBNコード
9784787710062
版型
--
ページ数
123,8P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤和子 OFF
寺中誠 OFF
石川裕一郎 OFF

内容紹介

つぎつぎと下される死刑判決、明らかになる冤罪事件、その中での裁判員制度の施行…。
いま、この国の刑事司法は、どこへ向かおうとしているのか。
冤罪事件に精力的に取り組む弁護士、伊藤和子氏とアムネスティ・インターナショナル日本事務局長、寺中誠氏が日本の刑事司法の問題点を洗い出す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 講演・裁判員制度とこれからの課題(裁判員制度の創設/日本の刑事裁判の問題点/無実を叫ぶ死刑囚―名張毒ぶどう酒事件 ほか)/2 講演・死刑制度はいらない(アムネスティ・インターナショナルと死刑制度廃止運動/近代社会は死刑を克服しようとする/隠された死刑の実態 ほか)/3 対談・日本の刑事司法を考える(司法改革がやり残したこと/警察・検察は正義の味方か/冤罪の温床、代用監獄と取調べ受忍義務 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

病気がみえる vol.11

医療情報科学研究所(編集)


運動機能障害の「なぜ?」がわかる評価戦略

工藤慎太郎(編著)


第1種電気工事士筆記試験すい~っと合格 ぜんぶ絵で見て覚える 2017年版

安永頼弘(共著)


ランキング一覧へ