pagetop

本 概念としての家族 家族社会学のニッチと構築主義

ほしい!に追加 twitter
本-概念としての家族 家族社会学のニッチと構築主義
著者: 木戸功 (著)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新泉社
発行年月 2010年 02月
ISBNコード 9784787710017
版型 --
ページ数 234,22P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

木戸功 OFF

内容紹介

制度としての「家族」に回収しきれない、人々の家族をめぐる経験。
そうした個人的で、そしておそらく瑣末で、場合によってはとるに足らないようなものであるかもしれない経験の社会学を求めて。
家族を成し遂げる人々の多様な実践。
社会構築主義の立場から家族を考える。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 家族社会学の「多様化」と社会構築主義/第2章 日本における「標準理論」の受容過程―「核家族論争」再考/第3章 家族機能をめぐる諸問題―家族社会学の論理と人々の方法/第4章 家族社会学のニッチ/第5章 家族であることを支援する―「家族支援」の技巧的な実践/第6章 福祉的支援のエスノグラフィー

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ