pagetop

本 南九州に栄えた縄文文化・上野原遺跡

ほしい!に追加 twitter
本-南九州に栄えた縄文文化・上野原遺跡
著者: 新東晃一 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新泉社
シリーズ名 シリーズ「遺跡を学ぶ」 027
発行年月 2006年 06月
ISBNコード 9784787706379
版型 --
ページ数 93P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

新東晃一 OFF

内容紹介

噴煙あげる桜島を対岸に望む鹿児島県・上野原台地。
縄文最古といえる定住集落と壷形土器や耳飾りなど、日本列島の先進的な縄文文化を伝える遺物が、南九州の地で厚い火山灰に埋もれていた。
それらは縄文文化とは何かという本質の問題に迫る重要な鍵を秘めている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 火山の国、南九州の考古学(火山灰が刻む縄文成立期の歴史/南九州諸火山の噴火と火山灰 ほか)/第2章 最古の定住集落―上野原縄文ムラの世界(上野原遺跡の発見/火山灰が語る遺跡の層位と年代 ほか)/第3章 早咲きの南九州縄文文化(成熟した初期縄文文化/南九州で縄文初期に発達した壷と耳飾り)/第4章 旧石器から縄文へのダイナミズム(南九州の旧石器人の生活跡/土器の誕生とその環境 ほか)/第5章 よみがえる上野原遺跡(誕生!上野原縄文の森/体験ミュージアムの活用と今後の展望)

著者情報

新東 晃一
1947年生まれ。岡山理科大学理学部卒業。岡山県教育委員会文化課、鹿児島県教育委員会文化課、鹿児島県立埋蔵文化財センターで埋蔵文化財の調査に携わる。現在、鹿児島県立埋蔵文化財センター次長兼南の縄文調査室長。過去の火山活動を分析して考古学に生かす「火山灰考古学」を提唱。1995年第20回「藤森栄一賞」受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

薬がみえる vol.3

医療情報科学研究所(編集)


機械保全の徹底攻略 2016年度版機械系・実技


マインドフルネス瞑想入門 1日10分で自分を浄化する方法

吉田昌生(著)


ランキング一覧へ