pagetop

本 ライトノベルよ、どこへいく 一九八〇年代からゼロ年代まで

ほしい!に追加 twitter
本-ライトノベルよ、どこへいく 一九八〇年代からゼロ年代まで
著者: 山中智省 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青弓社
発行年月 2010年 09月
ISBNコード 9784787291974
版型 --
ページ数 194P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山中智省 OFF

内容紹介

ゼロ年代の文化の一面を象徴するライトノベルは、多くのヒット作を生み出して読者を獲得する一方で、批評の対象として多く論じられてきた。
1980年代からゼロ年代までの新聞・雑誌を大量に読み込んで、ライトノベルがどういうジャンルとして認識されていまにいたったのかを、出版動向や文学/文芸観の変遷を交えて読み解く。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「ライトノベル」誕生からゼロ年代への狭間で(同時代言説から見る少女小説・ファンタジー小説ブーム/「ライトノベル」誕生と当時の受容状況/一九九〇年代のライトのベル言説)/第2章 ゼロ年代の幕開けと浮上するライトノベル(名称の選択をめぐる問題/上遠野浩平『ブギーポップは笑わない』の特異性/「ライトノベル世代」の若手作家たち)/第3章 ライトノベルの勃興期(ブーム前夜の状況1―「次世代型作家のリアル・フィクション」の登場/ブーム前夜の状況2―「ファウスト」創刊がもたらしたもの/ライトノベル・ブーム到来―『ライトのベル完全読本』の影響/ブーム到来の背景にあった「活字離れ論」)/第4章 ライトノベルと文学・一般文芸の相対化(ライトノベル・ブームの特筆すべき傾向/文芸誌を読む1―「ダ・ヴィンチ」を中心に/文芸誌を読む2―「文学界」を中心に)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


いまさら翼といわれても

米澤穂信(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ