pagetop

本 身体の臨界点

ほしい!に追加 twitter
本-身体の臨界点
著者: 石井達朗 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青弓社
発行年月 2006年 09月
ISBNコード 9784787272195
版型 --
ページ数 --
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

石井達朗 OFF

内容紹介

シャーマニズム儀礼、ヨーロッパの道化芸、サーカスの演技、バリ島の民族舞踊、日本が生んだ舞踏、そして内外のコンテンポラリーダンスなど、伝統的なレベルを突き抜け、領域を横断して多元文化的な位相をもつ身体表現を多様な文脈とリンクさせる。
デジタルな時代に「発話する身体」を問う論考集。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 身体のエスノグラフィー(パトスの領域/観光・儀礼・呪術―バリ島の武術舞踊バリスの多義的性格/マヤ・デレン―知と情の臨界点)/第2部 舞踊の脱領域(ダンスに風穴を開けたバッドガールたち/ジェンダーの非対称から生まれるもの/ダンスと反グローバリゼイション)/第3部 創造の淵源に遡って(舞踊における創造力とは何か―対談 イリ・キリアン/石井達朗 1/これほど個人的な作品はもう二度と作らない―対談 イリ・キリアン/石井達朗 2/馬と繋がりながら、百パーセント燃え尽きることができるのか―対談 バルタバス/石井達朗/発話する身体、動きだす言葉―座談 笠井叡/野村喜和夫/石井達朗)

著者情報

石井 達朗
慶應義塾大学教授。関心領域は、舞踊、祭祀、呪術芸能、アクロバット、サーカス、ジェンダー・セクシュアリティからみる身体文化。舞踊評論を「朝日新聞」「ダンスマガジン」ほかさまざまな媒体に執筆。カイロ国際実験演劇祭(2002年)、朝日舞台芸術賞(2001‐4年)、トヨタコレオグラフィーアワード(2006年)などの選考委員、韓国ソウルの国立劇場における舞踏フェスティバル実行委員長(2005年)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ