pagetop

本 テレビが見世物だったころ 初期テレビジョンの考古学

ほしい!に追加 twitter
本-テレビが見世物だったころ 初期テレビジョンの考古学
著者: 飯田豊 (著)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
青弓社
発行年月
2016年 03月
ISBNコード
9784787233998
版型
127×188mm
ページ数
376P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

飯田豊 OFF

内容紹介

「テレビは戦後に出現したメディア」というイメージが強く、「ラジオの時代」「映画の時代」と考えられがちな戦前・戦中の日本だが、実は、アマチュア・興行師・技術者・政治家などの多様なアクターがテレビジョンという技術に魅了され、社会的な承認を獲得しようと技術革新を目指していた事実を掘り起こす。
「戦後・街頭テレビ・力道山」という放送史の神話によって忘却されたテレビジョンの近代を丹念に跡づける技術社会史。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 アマチュアリズム―「趣味」のテレビジョン(「テレビジョン」の初期衝動/ラジオの公開実験、路上のモダニズム/テレビジョン・アマチュアの興亡―啓蒙家としての苫米地貢)/第2章 パブリック・ビューイング―早稲田大学の劇場テレビジョン(アマチュア無線文化の残滓から、帝国科学の権威へ/のぞいて見るか、あおいで見るか―浜松vs早稲田/「興行価値百パーセント」―モダン都市の野球テレビジョン)/第3章 テクノ・ナショナリズム―逓信省電気試験所のテレビジョン電話(不遇の「テレビジョン行脚」/北は樺太から南は台湾まで―テレビジョンの「技術報国」/テレビジョン電話のまなざし)/第4章 皇紀二千六百年―日本放送協会の実験放送(「幻の東京オリンピック」を超えて/実験放送の「番組」と「編成」/祭りのあと)/第5章 戦後への遺産―NHK、日本テレビ、そしてアマチュア(「テレビジョン」から「テレビ」へ―NHKによる公開実験/公開実験から街頭テレビへ―「放送史」の始まり/アマチュアリズムの行方―趣味のテレビジョン、再び)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ
ジャンルランキング
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ