pagetop

本 死と死別の社会学 社会理論からの接近

ほしい!に追加 twitter
本-死と死別の社会学 社会理論からの接近
著者: 澤井敦 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青弓社
シリーズ名 青弓社ライブラリー 43
発行年月 2005年 11月
ISBNコード 9784787232502
版型 --
ページ数 219P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

澤井敦 OFF

内容紹介

死が医療などの専門職に管理され、日常生活から隠蔽・排除される「死のタブー化」が進行している。
他方で、それに対立する考え方も台頭した。
他者の死や死別を共有する伝統的な共同性を回顧する志向、そして「自分らしい死」という理念=死の自己決定を重視する志向である。
一見すると相容れない死をめぐるこれらの志向は、しかし相補的な図式を形成してある種の死の共同性を生起させている。
そのとき、共同性=規範として選択された「良き死」が同化と排除の構造を駆動することを、ウェーバーやデュルケム、パーソンズ、エリアス、ギデンズ、バウマンなどの社会理論から明らかにする。
現代社会における死と死別の意味を再考し、死のコード化によって他者を否定しない生の関係性のありようを模索する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 死の意味喪失と自己本位の死/第2章 マクロの死、ミクロの死/第3章 「閉ざされた人間」の死/第4章 モダニティの死、ポストモダニティの死/第5章 死別と社会的死/第6章 「死のタブー化」再考/第7章 死の共同性、生の関係性

著者情報

澤井 敦
1962年、三重県出身。慶應義塾大学大学院社会学研究科博士課程修了。慶應義塾大学法学部助教授、博士(社会学)。専攻は社会理論、社会学史、死の社会学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ