pagetop

本 児童虐待と動物虐待

ほしい!に追加 twitter
本-児童虐待と動物虐待
著者: 三島亜紀子 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
青弓社
シリーズ名
青弓社ライブラリー 38
発行年月
2005年 06月
ISBNコード
9784787232458
版型
--
ページ数
214P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

三島亜紀子 OFF

内容紹介

「核家族化や都市化の進行によって急増している」とされる児童虐待・動物虐待に対して、それを発見・防止するための法整備や社会制度の設計が推進されている。
それらの社会政策は一様に「無痛で犯罪のない社会」を標榜しているが、実は人びとの“自由”に介入して、統治を強化しようとしている。
それを、児童虐待や動物虐待の歴史的背景、「世代間で繰り返される虐待」「少年犯罪と動物虐待」などの語られ方、虐待と母性愛神話の関連性などから析出する。
児童虐待/動物虐待とソーシャルワーカーの関係性を考察して、虐待予防のためとして専門家によるリスクコントロールを称揚する現代社会の心性を解読する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 虐待とは何か(児童虐待の昔と今/児童虐待を問題化する波 ほか)/第2章 虐待にさかのぼる(暴力につながるもの/大人の責任 ほか)/第3章 苦痛のスクリーニング(ピエール・リヴィエールの動物虐待/犬のおまわりさん ほか)/第4章 虐待は家族を変える(近代家族と児童虐待/母性を神話とする作業 ほか)/終章 苦痛の除去と専門家

著者情報

三島 亜紀子
1971年、兵庫県生まれ。東大阪大学こども学部講師。専攻は社会福祉学、社会学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


なぜ僕は、4人以上の場になると途端に会話が苦手になるのか

岩本武範(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 下

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ