pagetop

本 ブルマーの社会史 女子体育へのまなざし

ほしい!に追加 twitter
本-ブルマーの社会史 女子体育へのまなざし
著者: 高橋一郎 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 青弓社
シリーズ名 青弓社ライブラリー 36
発行年月 2005年 04月
ISBNコード 9784787232427
版型 --
ページ数 250P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高橋一郎 OFF

内容紹介

男性教員や男子生徒の視線が存在する公的な空間で、女子生徒の脚部の付け根まで露出を強制していたブルマー。
女性解放運動に出自をもつブルマーがたどった、明治期の輸入から戦後までの社会的・歴史的な変遷を読み解き、社会学・歴史学の視角から「脱女性化というジレンマ」「女子身体イメージの変容」「性の解放と抑圧のパラドックス」という女性の身体性をめぐる葛藤と闘争の物語を紡ぎ出す。
そして、欲望のまなざしにさらされた結果、性的身体化=商品化することで消滅した過程を丹念に明らかにして、ジェンダー規範や行動様式にまで影響を与えたブルマーを通して、セクシュアリティの歴史的変容に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ブルマー登場以前―衣服と脚の関係から(着物と活動性/女性の二本脚からみた日本服装史 ほか)/第2章 ブルマーと近代化―解放と抑圧のはざまで(ブルマーにまつわる解放と抑圧のパラドックス/欧米でのブルーマー・コスチュームの登場に対する反応について ほか)/第3章 女性の身体イメージの近代化―大正期のブルマー普及(女学生文化と体育/明治後期「女学世界」の体育言説 ほか)/第4章 ブルマーの戦後史―ちょうちんブルマーからぴったりブルマーへ(戦後の学校教育とブルマー/ブルマーの変遷 ほか)/第5章 スケープゴートとしてのブルマー(服装としてのブルマー/体育・女性・ブルマー ほか)

著者情報

高橋 一郎
1962年生まれ。大阪教育大学助教授。専攻は教育社会学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ