pagetop

本 一九六四年東京オリンピックは何を生んだのか

ほしい!に追加 twitter
本-一九六四年東京オリンピックは何を生んだのか
著者: 石坂友司 (編著)
松林秀樹 (編著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 28 pt
or
Tポイント: 28 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
青弓社
発行年月
2018年 12月
ISBNコード
9784787220806
版型
A5 (148×210mm)
ページ数
252P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

石坂友司 OFF
松林秀樹 OFF

内容紹介

高度経済成長と重ね合わせて、強烈なまでの成功神話として記憶される一九六四年の東京オリンピック。
神話の陰でいまでは語られない実態を、スポーツ界と都市という二つの柱から読み解く。
六四年大会の遺産に正面から対峙して、そのインパクトを冷静に見定める。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

なぜいま一九六四年東京オリンピックを問うのか/第1部 オリンピックの熱狂と内実―オリンピック至上主義の誕生と大衆化の行方(成功神話の内実と記録映画がもたらす集合的記憶/情報社会化のなかの東京オリンピック―都市、情報、身体/女性スポーツの大衆化―東洋の魔女からママさんバレーへ/根性論の系譜学―六四年東京オリンピックはスポーツ根性論を生んだのか?/パラリンピックの開催―東京パラリンピックが生んだもの/背中合わせのオリンピックと地域スポーツ)/第2部 都市の改編とインパクト(オリンピックで見上げた空はなぜ青かったのか―メガイベントの隠れた効用とその両義性/オリンピックに向けた道路整備―六四年大会が残したもの/なにが革新都政を誕生させたのか/大阪万国博覧会と地域整備―万博関連事業の成立と展開/警告する新潟地震―オリンピックを介した二つの「破壊」)

うれしい全品送料無料♪全商品1%ポイント還元!
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ