pagetop

本 今東光/五味康祐

ほしい!に追加 twitter
本-今東光/五味康祐
著者: 今東光 (著)
五味康祐 (著)
定価 ¥1,450(税込)
BOOKFANポイント: 67 pt
or
Tポイント: 40 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
新学社
シリーズ名
近代浪漫派文庫 41
発行年月
2004年 07月
ISBNコード
9784786800993
版型
--
ページ数
357P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

今東光 OFF
五味康祐 OFF

目次

今東光(人斬り彦斎)/五味康祐(喪神/一刀斎は背番号6/指さしていう―妻へ/青春の日本浪曼派体験/魔界/檀さん、太郎はいいよ)

著者情報

五味 康祐
大正10年、大阪府に生れる。学徒兵として出征、復員後は窮乏の日を送りつつも、保田与重郎に私淑して小説家を志すうち、昭和27年「喪神」が芥川賞を受賞し、流行作家として迎えられたが、自らを「日本浪曼派の落し子」と語って時流に阿らなかったのは、その人と為りである。着想の妙ばかりでなく、古風を存して端整な筆で成功を収めた剣豪物といわれる作品は、短篇では他に「秘剣」、長篇に「二人の武蔵」「薄桜記」等があり、「一刀斎は背番号6」は、荒唐無稽な話を書き綴りながら、反って時代に生きた作家の面目を遺憾なく示している。オーディオ・マニアとして「西方の音」を著し、また観相を能くするなど多才を揮って昭和55年歿
今 東光
明治31年、神奈川県に生れる。学業を中学の中途で放擲するまま文学の世界に身を投じると、川端康成、菊池寛らと交って文学運動を共にし、大正14年「痩せた花嫁」を発表するが、やがて仏門に入り、延暦寺に修業するなど逼塞の長い期間を隔てて、戦後の昭和26年に八尾の天台院の住となった前後から、再び小説の筆を執る。同年「祖国」に「人斬り彦斎」を連載の後、同31年、「お吟さま」で直木賞を受賞して文壇に復帰、その後の作に「春泥尼抄」「悪名」他がある。同41年に平泉の中尊寺貫主となり、また同43年から参議院議員で、立候補した際に川端康成が選挙事務長をつとめた挿話はよく知られている。同52年歿

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

アキラとあきら

池井戸潤(著)


儒教に支配された中国人と韓国人の悲劇

ケント・ギルバート(著)


教団X

中村文則(著)


ランキング一覧へ