pagetop

本 立原道造/津村信夫

ほしい!に追加 twitter
本-立原道造/津村信夫
著者: 立原道造 (著)
津村信夫 (著)
定価 ¥1,409(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新学社
シリーズ名 近代浪漫派文庫 34
発行年月 2005年 06月
ISBNコード 9784786800924
版型 --
ページ数 330P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

立原道造 OFF
津村信夫 OFF

目次

立原道造(萱草に寄す/暁と夕の詩/優しき歌/あひみてののちの/かろやかな翼のある風の歌/鮎の歌)/津村信夫(愛する神の歌/戸隠の絵本/紅葉狩伝説/信州雑記)

著者情報

津村 信夫
明治42年、兵庫県に生れる。慶大予科のとき「アララギ」の影響下に作歌を始めて萌した文学への関心が、転じて詩に向かい、室生犀星を識ってから師と仰ぎつつ、昭和7年、兄の秀夫らと創めた同人雑誌「四人」に発表の作品に示した典雅な詩情で注目された。同9年の「四季」の発刊に立原道造とともに参加し、運動の一翼を担って同誌の編集にも従うようになる間、慶大を卒業して保険会社の職に就いた翌10年に処女詩集「愛する神の歌」を刊行。同19年歿
立原 道造
大正3年、東京に生れる。第一高等学校在学中から口語自由律短歌、小説などを試みていたのが、昭和9年に東京帝大建築科に入学したその10月、堀辰雄らによって第二次「四季」が発刊されるのに迎えられると、詩作を専らとするようになり、優美な抒情を多くソネット形式に託して初期の同誌を一方において代表した。同12年東京帝大卒業後は、設計の卓れた才能を認められるまま建築事務所に勤務するなかで、予てから土地の風光に親しんでしばしば滞在した信州追分で得た作品を主とした「萱草に寄す」「暁と夕の詩」の二詩集を同年に刊行するが、翌年、健康に恵まれなかった身体を押して出た旅の終りに病み、同14年に歿する

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


働く男

星野源(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ