pagetop

本 内村鑑三/岡倉天心

ほしい!に追加 twitter
本-内村鑑三/岡倉天心
著者: 内村鑑三 (著)
岡倉天心 (著)
定価 ¥1,470(税込)
BOOKFANポイント: 68 pt
or
Tポイント: 40 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 新学社
シリーズ名 近代浪漫派文庫 4
発行年月 2004年 08月
ISBNコード 9784786800627
版型 --
ページ数 365P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

内村鑑三 OFF
岡倉天心 OFF

目次

内村鑑三(西郷隆盛(鈴木範久訳)/ダンテとゲーテ/余が非戦論者となりし由来/歓喜と希望/所感十年(抄))/岡倉天心(東洋の理想(浅野晃訳))

著者情報

内村 鑑三
万延2年、江戸に生れる。東京外国語学校に学んだ後、札幌農学校在学中にメソジスト監督派の洗礼を受けたその福音信仰は、明治24年の第一高等中学校における不敬事件を挟んで「基督信徒の慰め」「救安録」他の著作として現れ、同33年には「聖書之研究」を創刊した。社会、政治に亘ることに関心を持したのも信仰に発し、足尾鉱毒問題に取組んだのをはじめ、日露開戦時には、立場を異にしつつも、幸徳秋水、堺利彦らとともに非戦論を唱え、あるいは米国の排日法案を難じる等、入信五十余年の間に闘ったところは、近代の日本が当面した困難そのものを象徴し、その存在は、近代日本が示した最大の良心のひとつであった。昭和5年歿
岡倉 天心
文久2年、横浜に生れる。少時から学習した英語に堪能で、東京大学にあってその下に学んだアーネスト・フェノロサの日本美術研究を助け、共にした調査で法隆寺夢殿の救世観音像を見出す。明治22年の東京美術学校開校の準備に携り、やがて校長になったが、その後逐われるに及んで日本美術院を創設、横山大観、下村観山らを擁したそれの経営に当るなかで「東洋の理想」「日本の覚醒」「茶の本」の英文による著述を通して示した一箇の文明史観は、「東洋の理想」の冒頭の一句Asia in Oneに凝縮される。明治37年にボストン美術館に招かれて日本部を托されるようになり、大正2年日本に帰国中に歿するまでその任にあった

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

新書・文庫のランキング

雪煙チェイス

東野圭吾(著)


すえずえ

畠中恵(著)


首折り男のための協奏曲

伊坂幸太郎(著)


ランキング一覧へ