pagetop

本 ケーススタディがんの痛みをとる! これならすべての医師が痛みをとり除くことができる

ほしい!に追加 twitter
本-ケーススタディがんの痛みをとる! これならすべての医師が痛みをとり除くことができる
著者: 武田文和 (著)
的場元弘 (著)
定価 ¥4,860(税込)
BOOKFANポイント: 225 pt
or
Tポイント: 135 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 日本医事新報社
発行年月 2009年 05月
ISBNコード 9784784960316
版型 --
ページ数 196P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

武田文和 OFF
的場元弘 OFF

目次

第1章 がんの痛みから解放された人々―臨床での治療経過の報告(アセトアミノフェン(非オピオイド鎮痛薬)の内服で痛みが消えた膵臓がん(大動脈周囲リンパ節転移)患者の事例/NSAIDs投与で痛みが消えた肝細胞がん(多発リンパ節転移)患者の事例/ザルトプロフェン(NSAIDs)にオキシコドンの併用で痛みが消えた結腸がん(肝・肺・脊椎転移)患者の事例/NSAIDsにオキシコドンを併用して鎮痛できた乳がん(肝・骨転移)患者の事例/前立腺がんからの骨転移による痛みを在宅でスムーズに除くことができた前立腺がん(骨転移)患者の事例 ほか)/第2章 がんの日常診療に携わる医療職に必要な「痛みの鎮痛薬治療法」Q&A(がんの痛みの適切な治療法とは?/がんの痛みをとることは医師の義務?/がんの痛み治療に用いる麻薬指定鎮痛薬とは?その処方に際しての留意点は?/がんの痛み治療で用いる麻薬指定鎮痛薬(麻薬)は依存症を起こすのか?また耐性を起こすのか?/日本での医療用モルヒネの年間消費量はどれくらいか? ほか)

著者情報

武田 文和
埼玉医科大学客員教授。1957年群馬大学医学部卒業。1973年群馬大学医学部脳神経外科助教授。1975年埼玉県立がんセンター手術部長。1989年同センター病院長。1993年同センター総長。1999年より現職(および国立がんセンター倫理審査委員)。1982~2000年WHO専門家諮問部会委員(がん疼痛担当)。世界約25ヵ国の専門家が4年間審議し1986年に発表した『WHO方式がん疼痛治療法』の作成メンバーのひとり。2000年日本麻酔学会社会賞、2007年瑞寶小綬賞を受賞
的場 元弘
国立がんセンター中央病院緩和医療科医長。1984年北里大学医学部卒業。1991年オハイオ州立大学病院麻酔科研究員。1998年北里大学医学部麻酔科講師。2006年国立がんセンターがん対策情報センターがん医療情報サービス室長。2008年より現職。日本麻酔科学会指導医・専門医。日本ペインクリニック学会認定医・評議委員、日本緩和医療学会理事、日本緩和医療薬学会監事。がん疼痛・症状緩和に関する多施設共同臨床研究会(SCORE‐G)代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ