pagetop

本 夏目漱石における東と西

ほしい!に追加 twitter
本-夏目漱石における東と西
著者: 松村昌家 (編)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 思文閣出版
シリーズ名 大手前大学比較文化研究叢書 4
発行年月 2007年 03月
ISBNコード 9784784213351
版型 --
ページ数 198P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

松村昌家 OFF

内容紹介

漱石は時代きっての英国通であった。
そしてイギリスの文学のみならず、その文化現象全般から、どの作家よりも多くの影響を受け容れた作家であった。
と同時に、『文学論』や『文学評論』、そしてもろもろの断片にあらわれているように、イギリスの文学や文化を見るのに、独自の批評眼をもつ作家であった。
そのありようは当然、生半可な西洋文学の受容や模倣に対する鋭い批評に通じるだろうし、何よりも彼自身の創作において「模倣と独立」の問題と、最も真剣に、きびしく向き合わねばならなかったことを意味するのである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

小説美学としての「非人情」―『草枕』の成り立ち/『吾輩は猫である』におけるメランコリーと神経衰弱/「甲羅ノハヘタル」暗示―『心』「琴のそら音」の深層/奇人たちの饗宴―『吾輩は猫である』とT.L.ピーコックの「談話小説」/漱石の『坑夫』とゾラの『ジェルミナール』―創作ノートと調査資料/「カーライル博物館」論―明治期のカーライル受容を視座として/漱石の薔薇戦争

著者情報

松村 昌家
1929年生。大阪市立大学大学院修士課程修了。大手前大学大学院比較文化研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ