pagetop

本 中世寺院社会の研究

ほしい!に追加 twitter
本-中世寺院社会の研究
著者: 下坂守 (著)
定価 ¥10,584(税込)
BOOKFANポイント: 490 pt
or
Tポイント: 294 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
思文閣出版
シリーズ名
思文閣史学叢書
発行年月
2001年 12月
ISBNコード
9784784210916
版型
--
ページ数
583,15P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

下坂守 OFF

内容紹介

近年、中世の寺院の多くが「惣寺」と呼ばれた僧侶たちによる合議を基本として運営されていたことが、徐々にあきらかになりつつある。
本書はそのような惣寺を基礎単位とした中世寺院の広がりを寺院社会として捉え、その歴史的な意味を考察しようとするものである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1篇 山徒の存在形態(山門使節制度の成立と展開―室町幕府の延暦寺大衆政策をめぐって/延暦寺における「山徒」の存在形態―その「房」のあり方をめぐって ほか)/第2篇 大衆と惣寺(中世寺院における大衆と「惣寺」―「院々谷々」の「衆議」の実態/延暦寺大衆と日吉小五月会(馬上方一衆出現の契機/室町幕府の対大衆政策))/第3篇 寺家の構造(延暦寺における「寺家」の構造/延暦寺千僧供領の研究―室町時代における近江国富永庄の支配機構 ほか)/第4篇 門跡寺院の歴史的役割(中世門跡寺院の組織と運営/中世門跡寺院の歴史的機能―延暦寺の場合を中心に ほか)

著者情報

下坂 守
1948年生。大谷大学大学院文学研究科修士課程修了(日本中世史)。京都国立博物館学芸課長
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
年末年始電子ストアギフト券キャンペーン!最高3,000円分ギフト券プレゼント中★
電子書籍に自分だけのサインがもらえる!eBookサイン会情報はこちら!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

今日の治療薬 解説と便覧 2018

浦部晶夫(編集)


続日本100名城公式ガイドブック 日本の文化遺産「城」を歩こう

日本城郭協会(監修)


治療薬マニュアル 2018

高久史麿(監修)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ