pagetop

本 古筆切研究 第1集

ほしい!に追加 twitter
本-古筆切研究 第1集
著者: 小林強 (著)
高城弘一 (著)
定価 ¥3,024(税込)
BOOKFANポイント: 140 pt
or
Tポイント: 84 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 思文閣出版
発行年月 2000年 04月
ISBNコード 9784784210404
版型 --
ページ数 278,5P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小林強 OFF
高城弘一 OFF

内容紹介

古筆切は従来、王朝期の歌切を中心として、書道の上からは書美が、また国文学の上からは作品の本文研究が注目されてきた。
近年は、古筆切は古写本の断簡という性質上、王朝期のものにとどまらず、中世の古筆切も、国文学者による研究が急速に進められている。
本書は、古筆切(色紙、短冊をも含む)50点についての研究報告である。
表題に続けて、極札の図版を掲げ、以下、項目にわけて基礎的な情報を列挙した。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

勅撰集/私家集/私撰集/和漢朗詠集・新撰期詠集/その他の和歌/連歌・連歌論書/物語・物語注釈書/仏書・経切/その他

著者情報

小林 強
昭和35年1月5日生。昭和62年、仏教大学大学院国文学専攻修士課程修了(文学修士)。現在、大阪国際女子短期大学・武庫川女子大学非常勤講師。専攻、中世和歌文学・中世期の古筆切研究。主要業績、「中世古筆切点描-架蔵資料の紹介-」(『龍谷大学仏教文化研究所紀要』第36集・平成9年11月)。「中世古筆切点描-架蔵資料の紹介(二)-」(『中古中世和歌文学論叢』・思文閣出版・平成10年12月)。「伝東素珊筆編者未詳『勅撰和歌抄』切に関する基礎的考察一付、『別本和歌秋風抄』の古筆切について-」(『大東書道研究』第7号・平成11年3月)
高城 弘一
昭和39年1月28日生。昭和63年、大東文化大学大学院文学研究科日本文学専攻博士課程前期課程修了(文学修士)。平成4年、筑波大学大学院修士課程芸術研究科美術専攻書分野修了(芸術学修士)。現在、国学院大学文学部助教授・大東文化大学書道研究所兼任研究員。専攻、書学・書道史(日本)。主要業績、『王朝かな書道史』(村上翠亭氏と共著・墨スペシャル27号・芸術新聞社・平成8年3月)。『近衛家熈写手鑑の研究[仮名古筆篇]』(村上翠亭氏と共著・思文閣出版・平成10年2月)。「『香紙切』寄合書論」(青山杉雨記念賞実行委員会・平成11年12月・「青山杉雨記念論文賞 第2回奨励賞」受賞)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ