pagetop

本 奇莱前書 ある台湾詩人の回想

ほしい!に追加 twitter
本-奇莱前書 ある台湾詩人の回想
著者: 楊牧 (著)
上田哲二 (訳)
定価 ¥3,456(税込)
BOOKFANポイント: 160 pt
or
Tポイント: 96 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
思潮社
発行年月
2007年 12月
ISBNコード
9784783728764
版型
--
ページ数
368P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

楊牧 OFF
上田哲二 OFF

内容紹介

日本による統治、国民党政府の弾圧、原住民アミ族との出会い…歴史に翻弄されながら、かつての植民地都市花蓮で少年は詩の端緒を見出す。
台湾における詩人散文の傑作、完全邦訳。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 山風海雨(戦火は空の彼方で燃えている/秀姑巒にむかって/彼らの世界/アシナガバチ/痴愚の冬/虚偽と真実のいくつかのタブー/詩の端緒)/2 方向、零に帰す(オリーブの木/美への愛、そして反抗/懐疑をもつ/程健雄と詩、そしてぼく/ぼくの探求はある種の逃避だと彼女が言った/大いなる虚構の時代)/3 昔我往きしとき(あの時代/蔵/大いなる島を巡って/胡先生/双渓出身/JUVENILIA/秘密)

著者情報

上田 哲二
1954年、大阪市生まれ。ワシントン大学(シアトル)大学院(MA)、大阪大学大学院博士課程修了。現在、台湾在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
楊 牧
1940年、台湾花蓮に生まれる。台中の東海大学卒業、兵役ののち渡米、アイオワ大学大学院を経てカリフォルニア大学バークリー校にて博士号を取得、現在シアトルのワシントン大学教授。15歳で詩人としてデビュー、これまで12冊の詩集がある。またW・B・イェイツ、ガルシア・ロルカ、シェークスピアなどの中国語訳でも知られている。台湾本土出身の戦後世代を代表する詩人

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
クラウド本棚認証or認証&電子書籍購入でギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

騎士団長殺し 第1部

村上春樹(著)


騎士団長殺し 第2部

村上春樹(著)


夫のちんぽが入らない

こだま(著)


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ