pagetop

本 脳機能と栄養

ほしい!に追加 twitter
本-脳機能と栄養
著者: 横越英彦 (編)
定価 ¥7,020(税込)
BOOKFANポイント: 325 pt
or
Tポイント: 195 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 幸書房
発行年月 2004年 03月
ISBNコード 9784782102428
版型 --
ページ数 394P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

横越英彦 OFF

内容紹介

本書では、脳の受ける栄養制御について述べる前に、第2章では、脳の仕組みと神経細胞(ニューロン)について解説し、第3章では、脳機能を支えている栄養素について記述した。
まず、脳を構成するにも、脳機能を維持・発達させるためにも、全ての栄養素が必要であることを再認識するためである。
次いで、第4章では、脳機能を反映した幾つかの行動に対し、栄養がどのように関わっているかを取り上げた。
そして、第5章では、最近、様々な角度から、脳機能に及ぼすことが明らかになりつつある食品成分について取り上げている。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 緒論―食べ物と人間の行動(栄養学と脳との出会い(研究の歴史)/脳科学から見た栄養学への現代的要請)/第2章 脳の仕組みと神経細胞(人間の体における脳の役割/神経組織と情報伝達 ほか)/第3章 脳機能を支える栄養素(炭水化物/脂質 ほか)/第4章 脳機能と栄養条件―脳と栄養の接点(食欲・摂食調節―タンパク質およびリジン欠乏の場合/血圧調節 ほか)/第5章 脳機能活性で注目される食品成分(ホスファチジルセリンと脳機能/DHAと脳機能 ほか)

著者情報

横越 英彦
1970年京都大学農学部卒業。1975年名古屋大学大学院農学研究科博士課程満了。1976年農学博士。同年名古屋大学農学部農芸化学科・栄養化学研究室助手。1983年マサチューセッツ工科大学(MIT)文部省在外研究員。1987年静岡県立大学食品栄養科学部助教授。同年以降、ウィスコンシン大学やMITと共同研究。1933年静岡県立大学食品栄養科学部および同大学院生活健康科学研究科教授、現在に至る。昭和58年度日本農芸化学会奨励賞受賞。平成14年度栄養士養成教育功績表彰(全国栄養士養成施設協会)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ