pagetop

本 悪と暴力の倫理学

ほしい!に追加 twitter
本-悪と暴力の倫理学
著者: 熊野純彦 (編)
麻生博之 (編)
定価 ¥2,592(税込)
BOOKFANポイント: 120 pt
or
Tポイント: 72 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
ナカニシヤ出版
シリーズ名
叢書=倫理学のフロンティア 18
発行年月
2006年 12月
ISBNコード
9784779500985
版型
--
ページ数
273P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

熊野純彦 OFF
麻生博之 OFF

内容紹介

奇しくも時代と社会を表出している「悪と暴力」の思考やその現場を哲学・倫理学の存在論的根源性として問い返す。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

他者・倫理・暴力―総論にかえて/1 問題の原型に向かって(悪の起源―シェリングの思考に基づいて/苦しみの意味を求めて―レヴィナスから見る悪と苦しみ/「エコノミー」あるいは「超越論的暴力」―デリダの「エコノミー」論/親鸞における“悪”と“宿業”―「ひと千人ころしてんや」をめぐって)/2 思考のアクチュアリティを賭けて(聖なるファシズム/リベラリズムの身体―方法論的個人主義批判の試み/“帝国”の暴力―グローバリゼーションにおける生政治のありようをめぐって/“語られたこと”としての歴史と暴力)/3 暴力の現場からの思考(“家族”と暴力/生殖医療技術における「暴力」―多胎減数手術と女性の自己決定/破壊のあとの鎖列―水俣の経験から/パレスチナ/イスラエルにおける暴力とテロリズム)

著者情報

熊野 純彦
1958年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。倫理学専攻。東京大学文学部助教授
麻生 博之
1965年生まれ。北海道大学大学院文学研究科博士課程修了。哲学・倫理学専攻。東京経済大学助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

今日の治療薬 解説と便覧 2017

浦部晶夫(編集)


民法がわかった

田中嗣久(著)


サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上

ユヴァル・ノア・ハラリ(著)


ランキング一覧へ