pagetop

本 沖縄・ハワイ コンタクト・ゾーンとしての島嶼

ほしい!に追加 twitter
本-沖縄・ハワイ コンタクト・ゾーンとしての島嶼
著者: 石原昌英 (編)
喜納育江 (編)
山城新 (編)
定価 ¥4,860(税込)
BOOKFANポイント: 225 pt
or
Tポイント: 135 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彩流社
シリーズ名 琉球大学 人の移動と21世紀のグローバル社会 1
発行年月 2010年 03月
ISBNコード 9784779116704
版型 --
ページ数 444,15P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

石原昌英 OFF
喜納育江 OFF
山城新 OFF

内容紹介

「王国」の時代、支配文化への同化、抵抗、文化変容、そして現在―さまざまな異文化接触を体験してきた沖縄とハワイ、環太平洋。
ハワイ大学との共同研究でその歴史と現状に迫る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1部 人の移動と言語(琉球クレオロイドの性格/移民とハワイ・クレオール―言語発達と持続性 ほか)/第2部 人の移動とアイデンティティ(踊りと音楽にみる移民と先住民たちの文化交渉の動き―多文化社会ハワイにおけるオキナワン・アイデンティティ創出の揺らぎ/二一世紀におけるハワイの人々のアイデンティティを支える共通の絆 ほか)/第3部 人の移動と環境(コンタクト・ゾーンとしての保護地域―イースト・マウイ(ハワイ)の事例から/明治期沖縄における人の移動と未開墾地の開拓―大東諸島及び石垣島名蔵の開拓をめぐって ほか)/第4部 人の移動とジェンダー(米国占領下の沖縄におけるジェンダー・ポリティクス/戦後沖縄の公的コンタクト・ゾーンにおける女性の主体性 ほか)/第5部 留学―アメリカ班・中国台湾班合同パネル(留学における「人の移動」と「知の越境」―琉球の官生派遣を通して/占領下沖縄における米国留学―その政治的意図と主体的意味づけ ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ