pagetop

本 戦死とアメリカ 南北戦争62万人の死の意味

ほしい!に追加 twitter
本-戦死とアメリカ 南北戦争62万人の死の意味
著者: ドルー・ギルピン・ファウスト (著)
黒沢眞里子 (訳)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彩流社
発行年月 2010年 10月
ISBNコード 9784779115660
版型 --
ページ数 344,8P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

ドルー・ギルピン・ファウスト OFF
黒沢眞里子 OFF

内容紹介

南北戦争は米国人にとてつもない仕事を与えた。
それは、国家救済か分離か、奴隷制廃止か存続か、戦争に勝利するか否か、といった南北戦争世代の欲求とこれまで考えてきたこととは大きく異なるものだった。
「いかに死を迎えるべきか」。
これまで考えてきた概念を覆す戦争の現実を直視することを余儀なくされたのだ。
そして同時に「国家」と「文化」を再定義することにもなった。
「死への対処」は南北戦争を生きた米国人の基本的で必要な仕事であった。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 死ぬこと―「己の命を捧げる」/第2章 殺すこと―「よりつらい勇気」/第3章 埋葬すること―「死者をケアする新たな経験」/第4章 名前をつけること―「無名という意味ある言葉」/第5章 実感すること―民間人の喪の務め/第6章 信じることと疑うこと―「この大量殺戮にはどのような意味があるのか?」/第7章 説明すること―「死者に対するわれわれの責任」/第8章 数を数えること―「何人?何人?」/エピローグ 生き残ること

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ