pagetop

本 裸の女房 60年代を疾風のごとく駆け抜けた前衛舞踊家・伊藤ミカ

ほしい!に追加 twitter
本-裸の女房 60年代を疾風のごとく駆け抜けた前衛舞踊家・伊藤ミカ
著者: 伊藤文学 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彩流社
発行年月 2009年 06月
ISBNコード 9784779114342
版型 --
ページ数 263P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

伊藤文学 OFF

内容紹介

前衛文化の最先端を彗星のように輝き、33歳の若さで事故死した伊藤ミカ。
公立中学の体育教師が地下文学の大傑作『O嬢の物語』を舞踊化し、舞台で裸になって騒動となる。
田舎の素朴な少女が舞踊の世界で華麗に飛翔。
壮絶な人生を描いたドキュメント。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

七夕祭に行く夜汽車の中で/ミカとの再会/養家を出る決意/伊藤家にころがりこんで/待望の職員室の椅子/わが家の大変化/伊藤ミカ・ビザール・バレエ・グループ/踊り自身がミカさんの言葉/『O嬢の物語』の舞踊化を決意/ミカの支えになったチャンさん〔ほか〕

著者情報

伊藤 文学
1932年東京生まれ。代沢小学校、世田谷学園、駒澤大学文学部国文科卒業。大学時代に大学歌人会を結成して活躍。歌集『靴下と女』がある。1964年の『ぼくどうして涙がでるの』は末の妹・紀子の心臓病との闘病生活と、同室の少年・芳っちゃん(5歳)との心の交流を描き日活で映画化、ヒットし、本もベストセラーになって心臓病の啓蒙に多大な貢献。1965年頃より同性愛の問題に取り組み、1971年7月、日本初の同性愛雑誌『薔薇族』創刊。再三再四、休刊復刊を繰り返したが遂に2009年4月、400号で終刊した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ