pagetop

本 但馬牛のいま 全国の黒毛和牛を変えた名牛

ほしい!に追加 twitter
本-但馬牛のいま 全国の黒毛和牛を変えた名牛
著者: 榎勇 (著)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彩流社
発行年月 2008年 02月
ISBNコード 9784779113260
版型 --
ページ数 233P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

榎勇 OFF

内容紹介

「船場吉兆」牛肉偽装事件で、注目を浴びることになった「但馬牛」とは…!神戸牛、松阪牛などブランド牛の「肥育素牛」として、また種雄牛を通して全国の黒毛和牛の改良に大きく貢献したことで知られる「但馬牛」。
その現状と歴史と問題点を農業経済学者が綴る話題の書。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 但馬牛とは/第2章 但馬牛の改良と蔓牛/第3章 但馬牛の改良と種雄牛系統―種雄牛系統の消長と但馬牛の変貌/第4章 全国の黒毛和牛の改良と但馬牛/第5章 三大ブランド牛と但馬牛/第6章 但馬牛の育種・改良上の課題と対策/第7章 但馬牛の子牛生産の現状と課題/補章 昭和初期の北但馬地域における牛飼いの一年―兵庫県美方郡香美町香住区大谷(旧城崎郡長井村大谷)における場合

著者情報

榎 勇
昭和4年兵庫県城崎郡長井村(現美方郡香美町香住区)大谷に生まれる。昭和33年北海道大学大学院農学研究科博士課程修了。農学博士の学位取得。昭和35年農林省農業総合研究所へ入所、北海道支所に配属。その後北海道支所農業経営研究室長、海外部東南アジア研究室長、北海道支所長、本所企画連絡室長等を歴任。昭和60年農業総合研究所長に昇任。昭和62年農業総合研究所を退職して島根大学農学部教授に就任。平成4年島根大学を退職して大東文化大学経済学部教授に就任。平成12年大東文化大学を停年退職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ