pagetop

本 文芸時評 現状と本当は恐いその歴史

ほしい!に追加 twitter
本-文芸時評 現状と本当は恐いその歴史
著者: 吉岡栄一 (著)
定価 ¥3,780(税込)
BOOKFANポイント: 175 pt
or
Tポイント: 105 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 彩流社
発行年月 2007年 09月
ISBNコード 9784779112904
版型 --
ページ数 446,24P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

吉岡栄一 OFF

内容紹介

日本独自ともいわれる「文芸時評」の歴史を、明治から平成まで辿り、特定の作品をめぐって、なぜ批評家の間で大きな差異が生じるのかを考察する初の試み。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

村上春樹『海辺のカフカ』は、なぜ絶賛と酷評に分かれるのか/再び『海辺のカフカ』をめぐって・テクスト論派の批評原理/渡部直己と〓(すが)秀美の文芸時評・仁義なき毒舌批評/嘆きと怒り・福田和也と中上健次の作品の点数化/文芸時評の起源・明治の森鴎外、高山樗牛、田山花袋、正宗白鳥/大正期の文芸時評・佐藤春夫、広津和郎/戦闘的かつ論争的な小林秀雄の登場/非情さの川端康成と正直さの中村光夫の文芸時評/戦前・戦中・戦後にわたる高見順の文芸時評/平野謙・確かな批評眼で戦後の文芸時評を確立/江藤淳の文芸時評・小島信夫、深沢七郎から田中康夫まで/山本健吉、河上徹太郎、林房雄、大岡昇平の文芸時評/「内部の人間」の秋山駿と「純文学」の奥野健男の文芸時評/アカデミックな川上二郎、篠田一士、菅野昭正の文芸時評/文芸時評の革命者・石川淳と丸谷才一の文芸時評/『朝日新聞』の文芸時評・大岡信、井上ひさし、山崎正和、富岡多恵子/斬新な高橋源一郎と大江健三郎、池澤夏樹の文芸時評/柄谷行人、蓮實重彦、筒井康隆、荒川洋治の文芸時評/明治から平成までの文芸時評の特徴と純文学の衰退/客観的な批評は果たして存立するのか

著者情報

吉岡 栄一
1950年、北海道生まれ。1981年法政大学大学院、英文学専攻博士課程修了。トルーマン州立大学大学院留学。東京情報大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


デスマーチからはじまる異世界狂想曲 9

愛七ひろ(著)


ランキング一覧へ