pagetop

本 権力、政治、文化 エドワード・W・サイード発言集成 下

ほしい!に追加 twitter
本-権力、政治、文化 エドワード・W・サイード発言集成 下
著者: エドワードW.サイード (著)
大橋洋一 (訳)
ゴーリ・ヴィスワナタン (編)
定価 ¥3,888(税込)
BOOKFANポイント: 180 pt
or
Tポイント: 108 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
太田出版
シリーズ名
homo commercans
発行年月
2007年 02月
ISBNコード
9784778310547
版型
--
ページ数
417P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

権力、政治、文化 エドワード・W・サイード発言集成 OFF
エドワードW.サイード OFF
大橋洋一 OFF
ゴーリ・ヴィスワナタン OFF

内容紹介

あるときは比較文学者として、またあるときはパレスチナ民族評議会議員として、学問と政治の現場を往還しつつ、欧米、アジア、アラブ、そしてイスラエルのメディアにおいて語られたサイードの声を集成。
ゆるぎなき人文主義者による未来に向けた言葉。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第2部 研究と活動(アラブ人とユダヤ人は共存できるか?/学者、メディア、中東/エグザイルが生むエグザイル/アメリカの知識人と中東の政治学/自己評価の必要性/サダム・フセインを生む公式/合衆国におけるパレスチナ人の声/知識人と戦争/アメリカ人がイスラムについて知っていることは、馬鹿げた決まり文句だけである/ヨーロッパとその“他者”―アラブの視点から/シンボルと実質の対決―暫定自治協定から一年/通る人の少ない道を/わたしたち自身への帰還/パレスチナ人だけの国家ではなくて/『オリエンタリズム』、アラブ知識人、マルクス主義、そしてパレスチナ史の神話/わが帰還の権利)

著者情報

エドワード W.サイード
1935年11月1日、英国委任統治下のエルサレムで、カイロを本拠地とするプロテスタント実業家の家に生まれる。カイロのヴィクトリア・カレッジに学んだあと渡米、プリンストン大学卒業(文学士)、ハーヴァード大学修了(文学修士、文学博士)後、コロンビア大学で比較文学・英文学教授を務める。2003年9月25日ニューヨーク市で死去。享年67歳
大橋 洋一
1953年生まれ。東京大学大学院人文社会研究科修士課程修了。東京大学大学院人文社会系研究科教授。専門は英文学、批評理論

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
特集一覧へ