pagetop

本 地震学のウソ 地震学会への提言

ほしい!に追加 twitter
本-地震学のウソ 地震学会への提言
著者: 山本寛 (著)
定価 ¥1,728(税込)
BOOKFANポイント: 80 pt
or
Tポイント: 48 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 工学社
発行年月 2009年 05月
ISBNコード 9784777514434
版型 --
ページ数 215P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山本寛 OFF

内容紹介

「ダム」建設が巨大地震を誘発する!?地下注入した「水」(H2O)に含まれる「酸素」(O2)が、地下の鉱物を酸化するために奪われ、残された「水素原子」(H)が核融合する。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

「地震=断層運動」説と、その矛盾/「岩手・宮城内陸地震」が暴露した、「地震=断層運動説」の矛盾/地殻の歪では地震は起こせない/地下に水を注入すれば、地震は起こせる/「水素単独爆発」のヒントとなった、「浜岡原発配管爆発事故」/「水素ガス単独爆発」の可能性を予告する新説の登場/地下の「金属」と「水」が作る「地下水素核融合」/「地震=水素核融合」で氷解する、地震のミステリー/「静岡県太田川ダム」が誘発する、「東海地震」の恐怖/「中越地震」は、CO2地中注入による人災だ!/「中越沖地震」は、帝国石油の「水圧破砕」による人災だ!/地震学会への提言

著者情報

山本 寛
1940年岐阜県生まれ。1963年名古屋大学工学部航空科卒業。1965年名古屋大学大学院工学研究科航空科修士課程修了。1966年ヤマハ発動機(株)に入社。ヤマハモーターUSA技術部長、モーターサイクル事業部技術部長、品質管理室長、CCS推進本部副本部長などを経て2000年同社定年退職。元静岡大学、静岡理工科大学非常勤講師。現在、技術ジャーナリスト。「固体内核反応研究会」(Japan CF Research Society)発足当初からのメンバーとして、異常な発熱現象をミルズ博士のブラックライト・プロセスで説明する論文を数多く発表。エンジンの燃焼、エマルジョン燃料(水と油の混合燃料)に関するSAE(アメリカ自動車技術会)論文5編他、朝日新聞、日本経済新聞など、新聞雑誌への燃料電池に関する解説記事多数。所属学会:SAE(アメリカ自動車技術会)、日本地震学会、固体内核反応研究会(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ