pagetop

本 土地を奪われゆく農民たち 中国農村における官民の闘い

ほしい!に追加 twitter
本-土地を奪われゆく農民たち 中国農村における官民の闘い
著者: 王国林 (著)
中田和宏 (訳)
田村俊郎 (訳)
定価 ¥5,184(税込)
BOOKFANポイント: 240 pt
or
Tポイント: 144 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
河合文化教育研究所
発行年月
2010年 02月
ISBNコード
9784777204359
版型
--
ページ数
592P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

王国林 OFF
中田和宏 OFF
田村俊郎 OFF

内容紹介

改革開放政策以来拡大発展する中国の工業化と都市化。
しかし用地の一部は、農民が先祖代々丹精をこめてきた優良田を不法にむしり取ったものだ。
地方政府は権力で収用し、それを企業に転売して、補償金の数倍、数十倍に当る利益を手にし、さらに開発業者がその間に暗躍して土地転がしで甘い汁を吸う。
数年間の生活費にしか当らない補償金と引き換えに土地を奪われる農民たちは、これからどうやって生きてゆけよう。
この死活問題が農民たちを官との闘いに立ち上らせた。
江南57カ村、延べ900名の農民のなまの声で綴った調査記録。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 民主運動の相呼応する竜令鎮の村々(石地村で第一回調査を試みる/土地を護り抜いた銀秀村の成功の条件 ほか)/第2章 城関鎮で暴露された腐敗の数々(横澤村の土地代金の危機/西里村の土地喪失の背後 ほか)/第3章 城関鎮における土地収用の常套手段(天馬村の手付け金で収用するという創意工夫/牛渓村の心理戦の効果 ほか)/第4章 青湖鎮における上訪・上訴の協同態勢(「留地自耕」のアピール/坎首村による北京上訪の影響 ほか)/第5章 その他の郷村における権益獲得闘争の紆余曲折(良口村における工場誘致の困惑/低墻村における土地補償費差し押さえの闇 ほか)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
最高3,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

汐街コナ(著)


看護師・看護学生のためのレビューブック

岡庭豊(編集)


診療点数早見表 2016年4月/2017年4月増補版


ランキング一覧へ
ブクポン
アンケートに答えてポイントゲット!
アンケート一覧へ