pagetop

本 『罪と罰』における復活 ドストエフスキイと聖書

ほしい!に追加 twitter
本-『罪と罰』における復活 ドストエフスキイと聖書
定価 ¥4,860(税込)
BOOKFANポイント: 225 pt
or
Tポイント: 135 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 河合文化教育研究所
発行年月 2007年 12月
ISBNコード 9784777204342
版型 --
ページ数 364P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

内容紹介

ドストエフスキイ文学の根底を貫く新約聖書の意味とは何か。
主人公の老婆殺しから始まる表の物語と、その下を流れる「ラザロの復活」をめぐる深層の物語の二重構造に着目し、『罪と罰』に構造的に織り込まれた聖書の意味を開示することを通して、ドストエフスキイ文学の最深部の謎に光をあてる。
西欧近代の発展途上で早くも近代資本主義に内在する暴力を見抜いたドストエフスキイの実存を賭けた「復活」の意味の問い直しに、150年の時空を越えて深く応答しようとする著者の稀有で精緻なドストエフスキイ論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 『夏象冬記』から『罪と罰』へ―バアルとバビロン、そしてラザロ/第2章 「春の夢」―隠されたラスコーリニコフの「前史」/第3章 「春の夢」から「黙示録」へ―「聖と俗」の二重構造としての『罪と罰』/第4章 「ラザロの復活」とソーニャ―マルメラードフの腐臭と復活/第5章 スヴィドリガイロフ―「いかさまカルタ師」の裁きと復活/第6章 ラスコーリニコフ―復活の曙光

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


マチネの終わりに

平野啓一郎(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


ランキング一覧へ