pagetop

本 モーゼスおばあさんの四季 絵と自伝でたどるモーゼスおばあさんの世界

ほしい!に追加 twitter
本-モーゼスおばあさんの四季 絵と自伝でたどるモーゼスおばあさんの世界
著者: アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス (著)
W.ニコラ・リサ (編)
加藤恭子 (訳)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 BL出版
発行年月 2003年 03月
ISBNコード 9784776400073
版型 --
ページ数 32P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス OFF
W.ニコラ・リサ OFF
加藤恭子 OFF

内容紹介

農家の主婦として、また母としてのつとめをよくわかった、意志の強い働き者の一人の女性が、芸術への興味を開花させ、画家として世に知られるようになったのは、彼女が80才になってからのことでした。
自然を愛し、周囲の人々や出来事への感謝の気持ちを忘れない―モーゼスおばあさんの生き方は、作品や自伝を通して多くの人々の心をとらえることでしょう。
淡々と誠実に生きた老婦人の、愛にみちた美しい日々。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

アンナ・メアリー・ロバートソン・モーゼス
「モーゼスおばあさん」として知られ、20世紀アメリカで最も愛された画家の一人。創造力にあふれ勤勉だった彼女は、生涯の大半を、ヴァージニア州とニューヨーク州北部で、農場と家族の世話に費した。絵が見出され世に発表されたのは、80才直前の事だった。101才で生涯を終えた時、モーゼスおばあさんはアメリカのスターとなっていた
加藤 恭子
1929年東京生まれ。1953年早稲田大学文学部仏文科卒業と同時に渡米留学。1957年ワシントン大学修士号。1959年米国より仏政府奨学生としてナンシイ大学留学。1965年早稲田大学大学院博士課程終了後、再渡米。1972年帰国、上智大学講師を経て、現在(財)地域社会研究所理事。著書に『日本を愛した科学者』(日本エッセイストクラブ賞受賞、ジャパンタイムズ)など多数

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ