pagetop

本 英文学の内なる外部 ポストコロニアリズムと文化の混交

ほしい!に追加 twitter
本-英文学の内なる外部 ポストコロニアリズムと文化の混交
著者: 山崎弘行 (編著)
定価 ¥4,104(税込)
BOOKFANポイント: 190 pt
or
Tポイント: 114 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 松柏社
発行年月 2003年 03月
ISBNコード 9784775400289
版型 --
ページ数 408P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山崎弘行 OFF

内容紹介

英文学の主要作家を年代順に考察。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

ウィリアム・シェイクスピア(1564‐1616)―『テンペスト』にみるポストコロニアリズム的な修辞戦略/ロマン派詩人(ウィリアム・ブレイク(1757‐1827)/P.B.シェリー(1792‐1822)/ジョン・キーツ(1795‐1821))―オリエントとしてのエジプトと英国ロマン派詩人/トマス・ムア(1779‐1852)―『ララ・ルーク』あるいは機能不全装置としての空想の東方/オスカー・ワイルド(1854‐1900)―隠喩としての階級とドリアン・グレイの消された父/ライダー・ハガード(1856‐1925)―植民地冒険小説における他者の表象/ジョウゼフ・コンラッド(1857‐1924)―『闇の奥』に交錯する二つの声/ラドヤード・キプリング(1865‐1936)―帝国の支配とハイブリディティ/W.B.イェイツ(1865‐1939)―アイルランド文化の混交性について/ジェイムズ・ジョイス(1882‐1941)―ポストコロニアル小説としての『ユリシーズ』/T.S.エリオット(1888‐1965)―仮面の下から漏れ出るインドの閃光/ウィリアム・ゴールディング(1911‐93)―啓蒙主義思想と秩序意識との葛藤/J.G.ファレル(1935‐79)―『クリシュナプールの籠城戦』あるいは籠城する帝国

著者情報

山崎 弘行
大阪市立大学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

小説・エッセイのランキング

コンビニ人間

村田沙耶香(著)


恋のゴンドラ

東野圭吾(著)


マチネの終わりに

平野啓一郎(著)


ランキング一覧へ