pagetop

本 サトウキビ畑のカニア

ほしい!に追加 twitter
本-サトウキビ畑のカニア
著者: フレデリック・ピション (著)
ダニエル遠藤みのり (訳)
内海博信 (画)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 くもん出版
シリーズ名 くもんの海外児童文学
発行年月 2004年 07月
ISBNコード 9784774307633
版型 --
ページ数 190P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

フレデリック・ピション OFF
ダニエル遠藤みのり OFF
内海博信 OFF

内容紹介

カリブ海に浮かぶ、サトウキビの島グアドループ。
十歳のジョエルはある日、サトウキビ畑で『あいつ』と出会った。
初めは恐れていたが、その正体を知ったとき、孤独な少年は自分自身を見る思いがした。
そして、少年に友情という希望の灯がともった。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

著者情報

ダニエル遠藤 みのり
1967年鹿児島県指宿市に生まれる。鹿児島女子短期大学卒業。日本語教師養成の研修後、外国人に日本語を教える。89年から94年までニューカレドニアに在住し日本語を教える。その後一年間アフリカのセネガルで生活。95年フランス人と結婚し、二児の母。現在はフランスに在住し、主に実務翻訳の仕事をしている
フレデリック・ピション
フランスのリヨンに生まれる。パラグアイ、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、カリブ海のアンティル諸島などを旅するフリージャーナリストから、テレビレポーターを経て、現在フランス海外県のグアドループ島に拠点を置き、家族とともに暮らしている。「ナショナルジオグラフィック」誌にも定期的に記事を書いている。自然や観光に関する専門雑誌の編集長をしながら、青少年向きの小説も書く。著書、『サトウキビ畑のカニア』は2001年にグアドループの「フォリチュール」というコンクールで優秀図書に選ばれた。この地方の教育委員会からアンティル諸島全域の子どもたちに配布され、好評を得ている。作者はまた現地の小中学校などで、自然破壊問題や人種差別問題、動植物に関する講演会も行っている
内海 博信
1953年千葉県銚子市に生まれる。漁師である父親の都合でまもなく宮城に転居。海の男に憧れ、小中学生時代は海を眺めて過ごす。中三の夏に福島県いわき市に転居。絵を描くことに夢中になり、海の男を断念。地元百貨店のグラフィックデザイナーとして24年間、テレビCM、チラシ、DM各種広告を制作。現在、広告デザイン事務所「デザインらぼ・ユー」を開業し、広告媒体の制作をする

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

絵本・児童書のランキング

ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版

J.K.ローリング(著)


あっちゃんあがつく たべものあいうえお

さいとうしのぶ(著)


もうぬげない

ヨシタケシンスケ(作)


ランキング一覧へ