pagetop

本 江戸の天文学者星空を翔ける 幕府天文方、渋川春海から伊能忠敬まで

ほしい!に追加 twitter
本-江戸の天文学者星空を翔ける 幕府天文方、渋川春海から伊能忠敬まで
著者: 中村士 (著)
定価 ¥1,706(税込)
BOOKFANポイント: 79 pt
or
Tポイント: 47 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)

商品情報

出版社名
技術評論社
シリーズ名
知りたい!サイエンス 032
発行年月
2008年 07月
ISBNコード
9784774135151
版型
--
ページ数
255P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ
0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

中村士 OFF

内容紹介

観念的な陰陽道の宇宙観から、科学としての天文学へ。
ときは江戸時代、初代天文方の渋川春海、高橋至時、伊能忠敬と、生涯をかけて宇宙の真理を探求し天文に情熱を注いだ人たちがいた。
観測装置・技術は改良され、暦はより精密になった。
そして彼らと我々をつなぐもの、それは…いつの時代も変わらない、星空に対するロマンである。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 日本天文学の幕開けと渋川春海/第2章 天文将軍、吉宗の登場/第3章 麻田派天文学者と寛政の改暦/第4章 浅草天文台と伊能忠敬の日本全国測量/第5章 日本人を魅了した新奇な西洋天文儀器/第6章 望遠鏡の製作と在野の天文家たち/第7章 いつの時代も天体観望は皆の楽しみ―星空ロマン

著者情報

中村 士
1970年に東京大学理学部天文学科を卒業、1975年に東京大学理系大学院博士課程を修了。理学博士。1976年に東京天文台(国立天文台の前身)に入所。1984~5年、米国スペーステレスコープ科学研究所研究員。小惑星探査機“はやぶさ”の可視カメラの設計・開発指導、すばる望遠鏡による微小小惑星の探査観測を行う傍ら、江戸時代の天文学を研究。2006年に国立天文台を定年退官。2008年4月から帝京平成大学教授。国際天文学史研究誌、Journal of Astronomical History and Heritageの編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
大量一括注文窓口はこちら!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
コミック全巻セットはこちら★
特集一覧へ