pagetop

本 娘と映画をみて話す民族問題ってなに?

ほしい!に追加 twitter
本-娘と映画をみて話す民族問題ってなに?
著者: 山中速人 (著)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代企画室
発行年月 2007年 06月
ISBNコード 9784773807059
版型 --
ページ数 246P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

山中速人 OFF

内容紹介

民族間の対立・衝突やテロ事件に悩む世界の国ぐに。
外国人労働者の増加によって変化しつつある私たちの社会。
気がつけば、世界はさまざまな「民族問題」であふれている。
でも、民族って一体なに?どうして民族が問題になるの?「クラッシュ」「ホテル・ルワンダ」「ライフ・イズ・ミラクル」など、数かずの話題の映画を観て、民族問題の背景を知る。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1夜 「極北のナヌーク」をみて話す 異民族との最初の出会い(ファースト・コンタクト)/第2夜 「地下の民」をみて話す 西洋が侵入し支配した時代/第3夜 「アルジェの戦い」をみて話す 独立を求めて民族は闘う/第4夜 「ぼくの国、パパの国」をみて話す 人びとが移動する「ひとつ」の世界/第5夜 「クラッシュ」をみて話す 自己主張し、衝突するエスニック/第6夜 「ライフ・イズ・ミラクル」をみて話す 創られる「民族」という神話/第7夜 「ホテル・ルワンダ」をみて話す 民族問題の影に隠れるものの正体

著者情報

山中 速人
1953年兵庫県生まれ。関西学院大学総合政策学部メディア情報学科教授、社会学博士、MSW。関西学院大学社会学部卒業後、同大学大学院を経て、合衆国イーストウエストセンター奨学生としてハワイ大学大学院スクール・オブ・ソーシャルワーク修士課程修了。イーストウエストセンター・コミュニケーション研究所助手、文部省放送教育開発センター(現メディア教育開発センター)助教授、東京経済大学コミュニケーション学部教授、中央大学文学部教授を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ