pagetop

本 失われた記憶を求めて 狂気の時代を考える

ほしい!に追加 twitter
本-失われた記憶を求めて 狂気の時代を考える
著者: 文富軾 (著)
板垣竜太 (訳)
定価 ¥2,700(税込)
BOOKFANポイント: 125 pt
or
Tポイント: 75 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代企画室
発行年月 2005年 07月
ISBNコード 9784773804126
版型 --
ページ数 275P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

文富軾 OFF
板垣竜太 OFF

内容紹介

軍事独裁と、それに抵抗する民主化運動―韓国社会を覆ったさまざまな形の暴力の生々しい記憶は、どこへ消え去ったのか。
「釜山アメリカ文化院放火事件」(一九八二年)の「首謀者」として逮捕、投獄された著者が、運動と暴力をめぐる「記憶」と「忘却」の問題を提起して、韓国で大きな論争を巻きおこした問題作。
「私たち」が負った傷あとを語る痛切な響きは、読むものの心を深くつき動かす。
光州、一九八〇年五月。
まだ癒えぬ傷痕の中から生まれた「暴力論」。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

はじめに 時間の記憶、異なる「視線」を求めて/第1章 失われた記憶を求めて―狂気の時代を考える/第2章 「光州」二十年後―歴史の記憶と人間の記憶/第3章 傷痕が語りはじめた―補償と治癒の差異について/第4章 誰もすまないとは言わなかった―死と犠牲に対する礼儀/第5章 すべては終わった、だが愛していた

著者情報

文 富軾
1959年、韓国釜山生まれ。1978年、釜山の高麗神学大学校(現・高神大)に入学。1981年に光州抗争の真相を知り、1982年3月、釜山アメリカ文化院に放火。4月に自首し、死刑判決を受けるが、「恩赦」により無期懲役に減刑。6年半の監獄生活を送る。1997年に季刊誌『当代批判』を創刊し、以後、同雑誌の編集に携わる
板垣 竜太
1972年、佐渡生まれ。東京大学で文化人類学を専攻し、朝鮮の近代社会史を研究する。1999年から2001年までソウル大に留学しつつ、韓国の農村で現地調査。2002年より、『当代批評』の海外客員編集委員。2003年に東京大学韓国朝鮮文化研究室助手。2004年より同志社大学社会学科専任講師

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ