pagetop

本 チェ・ゲバラAMERICA放浪書簡集 ふるさとへ1953-56

ほしい!に追加 twitter
本-チェ・ゲバラAMERICA放浪書簡集 ふるさとへ1953-56
著者: チェ・ゲバラ (著)
エルネスト・ゲバラ・リンチ (訳)
棚橋加奈江 (訳)
定価 ¥2,376(税込)
BOOKFANポイント: 110 pt
or
Tポイント: 66 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 現代企画室
発行年月 2001年 10月
ISBNコード 9784773801026
版型 --
ページ数 240P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

チェ・ゲバラ OFF
エルネスト・ゲバラ・リンチ OFF
棚橋加奈江 OFF

内容紹介

「バガボンド」を自称していた、若き日のゲバラの書簡集。
「医者になる、研究者になる」とふるさとの親に書き綴りながら、メキシコでのカストロとの運命的な出会いを経て武装ゲリラ訓練に励んでいた頃のゲバラの心の鼓動・おののき・ゆらぎ・確信を明かす、一時代の証言。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 「ボリビア―戦いの舞台」/第2章 「グアテマラほど民主的な国はない」/第3章 グアテマラ、及び米国の労働者階級に関する考察/第4章 「中道は裏切りの一歩手前…」/第5章 「特にハバナに興味を持っています。」/第6章 「ペロンの失脚のせいでひどく落胆しています。」/第7章 「米州全体で戦闘が起きるでしょう…」/第8章 「ある若いキューバ人指導者に、運動に加わらないかと誘われました…」/第9章 「非合法活動の空気」/第10章 「残っているのは最後の部分だけです…」

著者情報

エルネスト・ゲバラ・リンチ
1900~1987。アルゼンチン、ブエノスアイレスで、アイルランド系の家系に生まれる。大学では最初は工学、次に建築を学ぶ。建築技師、マテ茶農園経営、造船業などの仕事に携わる。スペイン系のセリア・デ・ラ・セルナと結婚し、後年革命家チェ・ゲバラとなる長男をはじめ5人の子どもをもうける。チェの死後、手元に遺された膨大な量の書簡や日記をもとに、チェの伝記の前編『わが息子チェ』と後編『米州の兵士、行ってまいります』をまとめる。晩年はキューバに暮らした
棚橋 加奈江
1971年岐阜県大垣市に生まれる。ラテンアメリカ地域研究、開発経済学を専攻した。1995~96年、メキシコに留学

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ