pagetop

本 ドキュメンタリー映画の地平 世界を批判的に受けとめるために 愛蔵版

ほしい!に追加 twitter
本-ドキュメンタリー映画の地平 世界を批判的に受けとめるために 愛蔵版
著者: 佐藤真 (著)
定価 ¥5,616(税込)
BOOKFANポイント: 260 pt
or
Tポイント: 156 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 凱風社
発行年月 2009年 06月
ISBNコード 9784773633139
版型 --
ページ数 725P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

佐藤真 OFF

内容紹介

ドキュメンタリーは現実を撮る。
たとえ、その現実がいかにフィクショナルなものを内包していようと、メディアのリアリティと現実のリアルの関係が逆転していようと、現実を撮る。
しかも、その現実を、単に映画として再現するだけではなく、何らかの形で批判したり批評しようとする。
つまり、何らかの悪意をもって、現実を撮るのである。
“自明の事柄”にまとわりつく意味の文脈や常識という“砦”を解体しようとした故佐藤真監督の映像表現論。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

序章 ドキュメンタリーは映像表現による現実批判である/第1章 暮らしながら撮る/第2章 言葉と別の意味を生む映像/第3章 他者の眼差しと撮られる側の戸惑い/第4章 私的小宇宙の広がり/第5章 観察者―言葉からの解放/第6章 挑発者―暴力装置としてのキャメラ/第7章 時代の無意識―メディアの読みかえ/第8章 イメージの収奪―“見る”ことの権力構造

著者情報

佐藤 真
1957年青森県弘前市に生まれる。2歳で上京。千葉県松戸市のマンモス団地で物心がつき、東京都練馬区の新興住宅地で育つ。東京大学文学部哲学科卒。在学中より水俣病の運動に関わり、『無辜なる海―1982年・水俣―』(監督:香取直孝)の助監督となる。84年にこの映画の東北・北海道の自主上映の旅で阿賀野川とそこに暮らす人々と出会い、映画作りを決意する。89年からスタッフ7人と新潟に移り住み、92年『阿賀に生きる』完成、国内外で高い評価を受ける。他に映画やテレビ作品の編集・構成、映画論の執筆など多方面で活躍。京都造形芸術大学教授、映画美学校主任講師として後進の指導にもあたった。2007年9月4日逝去。享年49(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ