pagetop

本 メディアは私たちを守れるか? 松本サリン・志布志事件にみる冤罪と報道被害

ほしい!に追加 twitter
本-メディアは私たちを守れるか? 松本サリン・志布志事件にみる冤罪と報道被害
著者: 木村朗 (編)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 凱風社
シリーズ名 市民講座 いまに問う
発行年月 2007年 11月
ISBNコード 9784773632033
版型 --
ページ数 219P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

木村朗 OFF

目次

第1部 基調講演―松本サリン事件にみる報道の罪と罰(事件発生直後から出始めた誤報/重ねられていく“疑惑”と強制捜査/警察の記者会見とマスコミの犯人視報道 ほか)/第2部 パネルディスカッション―メディアは私たちを守れるでしょうか?(なぜ犯人視報道に走ったのか―その要因と反省点/メディア・スクラムはなぜ起こるのか―質より量を重視する時代性/個人情報保護法の問題点とプライバシー保護―実名か匿名か ほか)/第3部 メディア・リテラシーの視点から―冤罪と報道被害の構図(「冤罪」を生む捜査と犯罪報道の落とし穴―情報操作とメディア・リテラシー/志布志事件と松本サリン事件から何を学ぶか―警察情報と報道の在り方を考える/「架空の事件」を作り上げた県警の異常な捜査―朝日新聞鹿児島総局の調査報道 ほか)

著者情報

木村 朗
鹿児島大学法文学部教授、平和学・国際関係論専攻。1954年8月生まれ。北九州市小倉出身。長崎平和研究所客員研究員・日本平和学会理事。主な研究テーマは、民族問題や原爆投下・核問題など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ
ジャンルランキング

人文・社会のランキング

天文年鑑 2017年版

天文年鑑編集委員会(編)


今日の治療薬2017 解説と便覧


現場で使える新人登録販売者便利帖

仲宗根恵(著)


ランキング一覧へ