pagetop

本 いまに問うヒバクシャと戦後補償 ヒロシマ・ナガサキ、ビキニ、グローバル・ヒバク 重慶爆撃、東京大空襲 通底するものは何か

ほしい!に追加 twitter
本-いまに問うヒバクシャと戦後補償 ヒロシマ・ナガサキ、ビキニ、グローバル・ヒバク 重慶爆撃、東京大空襲 通底するものは何か
著者: 高橋博子 (編)
定価 ¥1,404(税込)
BOOKFANポイント: 65 pt
or
Tポイント: 39 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 凱風社
シリーズ名 市民講座
発行年月 2006年 10月
ISBNコード 9784773631012
版型 --
ページ数 168P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

高橋博子 OFF

内容紹介

ヒロシマ・ナガサキ、ビキニ、グローバル・ヒバク、重慶爆撃、東京大空襲、通底するものは何か。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

1 二一世紀における平和秩序の構築を求めて―今こそ、原爆(核兵器)と劣化ウラン兵器の禁止・廃絶を!/2 シンポジウム 未決の戦後補償―広島・長崎原爆、東京大空襲、重慶爆撃をむすぶ/3 原爆症認定集団訴訟が問いかけるもの―残留放射線による内部被曝の影響/4 ビキニとヒロシマ・ナガサキをつなぐ―グローバル・スケールの汚染とABCC/5 写真が語る ビキニの「あの時」そして「現在」―クロスロード作戦から六〇年によせて/6 写真が語る ニュークリア・レイシズム―核による人種差別/7 チェルノブイリ原発事故二〇年―地域社会がまるごと消滅/8 放射能の脅威は我らが生活の間近に迫る―映画「六ヶ所村ラプソディー」の制作に取り組んで/9 ヒロシマからウラン兵器禁止を訴える―「ウラン兵器禁止を求める国際連合」国際大会報告/10 隠されたヒロシマ・ナガサキの実相―民間防衛計画(国民保護計画)にみる核対策

著者情報

高橋 博子
広島市立大学広島平和研究所助手。1969年生まれ。アメリカ史専攻。日本平和学会の分科会「グローバルヒバクシャ」共同代表

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ