pagetop

本 隠されたヒバクシャ 検証=裁きなきビキニ水爆被災

ほしい!に追加 twitter
本-隠されたヒバクシャ 検証=裁きなきビキニ水爆被災
著者: グローバルヒバクシャ研究会 (編著)
定価 ¥3,240(税込)
BOOKFANポイント: 150 pt
or
Tポイント: 90 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 凱風社
発行年月 2005年 06月
ISBNコード 9784773629095
版型 --
ページ数 403P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

グローバルヒバクシャ研究会 OFF

内容紹介

一九五四年三月一日、水爆ブラボーの閃光がマーシャル諸島の上空を切り裂いた。
半世紀経った今も、島民の伝統的な暮らしや文化に多大な変容をもたらした「死の灰」による汚染と後障害の全貌、そして「人体実験」疑惑の真相は米核政策の闇の中に隠ぺいされ続けている。
住民の証言や米公文書の分析、見舞金がもたらした社会的影響の調査などを通じて、封印されてきた「完全決着」「日米の政治決着」の責任を明らかにし、時効なき核被災の広がりを検証。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

第1章 ビキニ水爆被災の今日的意味(はじめに 太平洋と核―地理と歴史の不幸な出会い/ビキニ核実験の始まり ほか)/第2章 第五福竜丸被災とアメリカ政府の対応―隠された被ばく情報(はじめに 明らかになりつつある米核実験の真相/一九五四年の水爆実験とその波紋 ほか)/第3章 塗り変えられる被災地図―隠されたヒバクシャを追う(はじめに 核被災の地域的広がり/あの時、アイルック環礁で何が起こったのか ほか)/第4章 ヒバクは人間に何をもたらすのか―忍び寄る核実験の影(はじめに ヒバクによる影響はガンだけなのか/土地は人びとの命を育んできた―「核の難民」の現在 ほか)/第5章 挑戦するロンゲラップの人びと―生活圏再生の民族誌(はじめに メジャト島に生きるロンゲラップの人びと/故郷を消滅させたアメリカの核実験 ほか)/座談会「ビキニ水爆被災 過去に問い、未来につなげる」

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ