pagetop

本 光のスペクトルと原子

ほしい!に追加 twitter
本-光のスペクトルと原子
著者: 板倉聖宣 (著)
湯沢光男 (著)
定価 ¥2,160(税込)
BOOKFANポイント: 100 pt
or
Tポイント: 60 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 仮説社
シリーズ名 サイエンスシアターシリーズ 電磁波をさぐる編4
発行年月 2008年 12月
ISBNコード 9784773502091
版型 --
ページ数 138P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

板倉聖宣 OFF
湯沢光男 OFF

目次

第1幕 色とスペクトル(プリズムとホログラムシート/“回折格子板”を作る/簡易分光器 ほか)/第2幕 原子とスペクトル(蛍光灯のスペクトル/新しいタイプの蛍光灯のスペクトルは?/ろうそくの光を分光器で見たら ほか)/第3幕 太陽と星のスペクトル(フラウンホーファーが発見した“太陽スペクトルのなぞ”/太陽光線と白熱電球では、その連続スペクトルに違いはないか/太陽黒線のなぞにいどむ科学者の登場 ほか)/電磁波(=光と電波)、通信に関する発明発見の年表

著者情報

板倉 聖宣
1930年、東京に生まれる。1953年、東京大学教養学部教養学科・科学史科学哲学分科を卒業。1958年、東京大学大学院数物系研究科を修了。物理学の歴史の研究によって理学博士となる。1959年、国立教育研究所に勤務(~95年)。1963年、科学教育の内容と方法を革新する「仮説実験授業」を提唱。1983年、編集代表として月刊誌『たのしい授業』(仮説社)を創刊。1995年、国立教育研究所を定年退職し、「私立板倉研究室」を設立。「サイエンスシアター運動」を提唱・実施し、その後さらに研究領域を広げて活躍中。仮説実験授業研究会代表、国立教育政策研究所名誉所員
湯沢 光男
1956年、栃木県宇都宮市に生まれる。1978年、宇都宮大学教育学部(理科)を卒業。小学校教諭となる。1982年、仮説実験授業と巡り合い、一気にのめり込む。1988年、自ら希望して中学校に転勤。2007年、「東レ理科教育賞」を受賞。現在、宇都宮市雀宮中学校教頭、仮説実験授業研究会会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ