pagetop

本 かけはし ハンセン病回復者との出会いから

ほしい!に追加 twitter
本-かけはし ハンセン病回復者との出会いから
著者: 小川秀幸 (著)
定価 ¥1,620(税込)
BOOKFANポイント: 75 pt
or
Tポイント: 45 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 近代文芸社
発行年月 2009年 05月
ISBNコード 9784773376432
版型 --
ページ数 238P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

小川秀幸 OFF

内容紹介

「いのちの“格差”」坂田記念ジャーナリズム賞特別賞受賞。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

収容/ハンセン病とは/療養所の暮らし/元ハンセン病担当官の苦悩と喜び―高村さん/元ハンセン病担当官の苦悩と喜び―村田さん/裁判/里帰り事業/田端さんの帰郷/知事の療養所訪問/ハンセン病と戦争/人間回復の橋/未来へ向けて

著者情報

小川 秀幸
1966年(昭和41年)三重県伊賀町(現・伊賀市)生まれ。大阪市立大学卒業後、三重テレビ放送入社。現在、報道制作部副部長。ニュースデスク。中学生の沖縄修学旅行を取材したドキュメンタリー「命(ぬち)どぅ宝」(1998年)で、アジアテレビ映像祭審査員特別賞などを受賞。このほか、在日韓国人元軍属の戦後補償裁判を題材にした番組「置き去りの日本兵」や、ハンセン病に関するドキュメンタリー、北川正恭知事時代の三重県政を追った「改革の兆し」などを制作。2002年から約2年間、情報番組「エムテレ」の中で、市民参加型コーナーを担当。また、桂福団治さんをはじめ三重県出身の落語家とともに四日市市で初代桂文治顕彰落語会「文治まつり」の立ち上げに携わる。現在、三重大学「メディアと表現」非常勤講師。三重県人権教育研究協議会理事。三重県男女共同参画センター運営協議会委員。みえらくご班メンバー。ハンセン病と戦争についての関係を取材した「いのちの“格差”―戦争に翻弄された病 ハンセン病」(2008年10月に放送)で第十六回坂田記念ジャーナリズム賞特別賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ