pagetop

本 子どもの読解力がぐんぐんのびる! 戦争と平和の名作をクリティカルに読み解く

ほしい!に追加 twitter
本-子どもの読解力がぐんぐんのびる! 戦争と平和の名作をクリティカルに読み解く
著者: 有元秀文 (編著)
定価 ¥1,944(税込)
BOOKFANポイント: 90 pt
or
Tポイント: 54 pt (Yahoo!ウォレット決済利用時)
出版社名 合同出版
発行年月 2009年 12月
ISBNコード 9784772604666
版型 --
ページ数 190P
平均評価
(まだ評価がありません)
ブクレポ 0件

新刊お知らせ登録一覧へ »

有元秀文 OFF

内容紹介

戦争と平和がテーマの名作を原文やあらすじで掲載。
各作品ごとクリティカルな発問を提案、小中学校の授業ですぐに使えます。
読書会、ディベート授業、読書感想文などのテキストとしても最適。
平和教育と国語教育のための新しい試み。

※本データはこの商品が発売された時点の情報です。

目次

13歳の少女はなぜ殺されなければならなかったのか 『ハンナのかばん』/地雷はなぜ悪いのか 『地雷ではなく花をください』/最後のかげおくりで、ちいちゃんは幸せになれたのか 『ちいちゃんのかげおくり』/もしもあなたが鬼だったら 日本昔話「桃太郎」/あなたが同じ立場なら、どんな決断をしたか 『杉原千畝物語』/加害者はだれか 『雲』/戦争の背景をどれだけ想像できるか 映画「みんなわが子」/どんな思いで絵を描いたのか 『テレジンの小さな画家たち』/「ぼく」がミルクを飲んだのは罪になるか 『おとなになれなかった弟たちに…』/子どもたちの権利はだれが守るのか 『世界の子どもたちに今おきていること』〔ほか〕

著者情報

有元 秀文
国立教育政策研究所教育課程研究センター総括研究官。日本の国語教育研究の第一人者。1971年、早稲田大学教育学部卒業後、都立新宿高等学校教諭を勤め、文化庁文化部国語課国語調査官などを経て現職。子どものコミュニケーションと読解力の問題に早くから着目し、改善するための授業方法の開発に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ブクレポ  ( ブクレポについて

この本にはまだブクレポが投稿されていません。
うれしい全品送料無料♪全商品5%ポイント還元!<a href="index.php?module=ecrlist&action=plist&it=BK"target="_parent">▼新刊・予約はコチラ!</a>
ご注意!ラッピング、お届け日の指定は承れません!
出版社共同企画!もれなく100ptプレゼント!
BOOKFANのツイッターをフォローする♪
BOOKFANキャラクター大集合!LINEクリエイターズスタンプ配信中☆
【電子ストア】最高5,000円分ギフト券プレゼント中!お買い物時にご利用ください!
電子書籍をはじめて購入いただく方にもれなく!\39ギフト券プレゼント!
特集一覧へ